インプラント治療後に必要なメンテナンスについて【柏・我孫子・クレアデンタルクリニック】

2018-02-19

こんにちは。千葉県我孫子市にあります、クレアデンタルクリニックあびこオフィスです。今回はインプラント治療後に必要なメンテナンスについてお話しします。

 

インプラントはあくまでも人工物ですので、インプラント治療後のメンテナンスというのがとても大切になります。メンテナンスを怠ってしまうと、場合によっては稀に直ぐダメになってしまうケースもあります。折角効果なインプラント治療を受けたのであれば、少しでも長持ちさせた方が絶対に良いと思います。インプラント自体はむし歯になったり歯周病になったりということはありません。ですから、インプラントがダメになるというのは実際のところ、歯や歯ぐきといった、インプラントを支える組織がダメになることなのです。インプラントを長持ちさせたいなら、歯周組織を健康に保つのが最も大切になります。

 

先ずインプラント治療後は定期的に1年に2~3階歯医者さんでメンテナンスすることをお勧めします。メンテナンスの内容としてクリーニングを受けますが、クリーニングとは自分では落としきれていない汚れや細菌を、プロの手できれいに落としてもらうことができ、これによってインプラントが歯周病にかかってしまう(インプラント周囲炎といいます)事態を防ぎます。また、歯周組織の検査をして、異常の早期発見につなげます。

 

また、おうちでのセルフケアに改善点があれば、歯科衛生士から指導があります。このセルフケア(ホームケア)が非常に大切になってきます。歯ブラシ、ワンタフトブラシ、スーパーフロスなど、自分のケースに合った清掃道具とその使い方を歯科医師、歯科衛生士から教えてもらいましょう。インプラントは、天然歯に比べて根元がくびれており、そこに細菌がたまりがち。毎日の積み重ねが、インプラントを長持ちさせる秘訣です。もし、几帳面でないとか器用でないとかの理由で、指導されたとおりにホームケアするのが難しい場合は、メンテナンスで通院する間隔を縮めてもらうのも一つの方法だと思います。先ずはインプラント治療を受けた際には、その後の定期健診を怠らずに通いましょう!


カテゴリー ブログ