タバコと歯の関係性について【柏・我孫子・クレアデンタルクリニック】

2017-11-20

「禁煙」の画像検索結果

 

こんにちは。千葉県我孫子市にあります、クレアデンタルクリニックあびこオフィスです。今回はタバコと歯の関係性についてお話しします。

近年、タバコと歯の関係性は深く因果関係があると言われています。その中でもタバコと歯周病の因果関係はとても高い確率で関係していることが分かってきています。タバコは歯周病の最大のリスク要因です。歯周病にかかりやすくなり、また治りにくくなります。タバコが歯周病に与える影響は大きく、タバコを吸っている限り歯周病は治らないとも言われています。タバコには、ニコチンをはじめとする有害物質が多数含まれています。タバコの煙を吸い込むと、歯茎は有害物質から直接刺激を受けます。また、ニコチンは唾液中にも溶け込み、持続的に歯茎を刺激し続けます。更に血液中に取り込まれたニコチンは、毛細血管を通じて内側からも歯茎に刺激を与えるのです。

タバコは歯周病に大きな影響を与えるだけで無く、虫歯にも影響を与える事が良く分かってきています。歯周病により歯茎が下がり歯の根が露出すると、歯の根が虫歯になりやすくなります。歯の根の表面は、虫歯に対する抵抗性が弱く、エナメル質よりも虫歯になりやすいのです。タバコは口の中に様々な悪影響をもたらします。しかし、恐ろしい事に、自分では口の中の影響になかなか気付く事ができないものです。気がつきやすいのは歯に付く着色くらいでしょう。タバコを吸っている限り、タバコの有害物質はお口の中を蝕んでいきます。タバコの悪影響は、受動喫煙により、自分だけでなく、家族や友人にも及んでいます。実際、家族に喫煙者がいる子供は、そうでない場合に比べて3歳までに虫歯になる可能性が2倍になったというデータがあります。自分や自分の大切な人の歯や口を守る為に、今からでも禁煙を考えてみてはいかがでしょうか。


カテゴリー ブログ

クリスマスツリー 柏・我孫子クレアデンタルクリニック

2017-11-13

こんにちは! 受付の杉山です。

 

朝晩いちだんと寒くなってきましたね!

冬といえば!

各地でキラキラとイルミネーションが綺麗になってきていますね!!

今日はクレアのちょっとしたイルミネーションをご紹介します☺

みんなでクリスマスツリーを飾りました!!

少し飾るだけでも雰囲気が変わりますね。

 

インフルエンザも流行ってきているようなので、風邪対策して気を付けましょう(*^▽^*)

 

受付 杉山

 


カテゴリー ブログ