ホームケアの重要性について【柏・我孫子・クレアデンタルクリニック】

2017-05-22

「ホームケア用品」の画像検索結果

こんにちは。千葉県我孫子市にあります、クレアデンタルクリニックあびこオフィスです。今回はホームケアの重要性についてお話しします。

 

ホームケアとは、ご自身で行う歯の管理のことを言います。1年のうち、例えば3カ月に1回歯医者さんへクリーニングを行っている方でも、365日のうち361日はご自身で歯の管理をしなければなりません。そう考えると、もちろん歯医者への定期健診やクリーニングは大切ですが、それ以外のご自身でのホームケアも同じくらい重要だということが言えるかと思います。

 

また、むし歯や歯周病の予防の観点からしてもホームケアはとても大切です。むし歯や歯周病の原因のもととなるプラークを、なるべくご自身で取り除くことができれば、むし歯や歯周病のリスクは格段に下がります。ホームケアで大切なものは歯ブラシやフッ素が配合されている歯磨剤、その他にもフロスや歯間ブラシなどを使用されると良いと思います。

 

ホームケアは、家庭で適切な口腔環境を整えるための清掃法です。要は日常化・習慣化されなければ全く意味がありません。プラークを除去する最も効果的な方法は歯磨きです。例えば、歯磨きをする歯ブラシにも多くの種類があり、どのタイプの歯ブラシが自分に適している歯ブラシなのかも理解しておいた方が良いですし、自分にあったフロスや歯間ブラシのサイズも把握しておいた方が望ましいです。そういった意味で、ホームケアの実践を歯科衛生士に教えてもらうことをお勧めします。

 

是非この機会に、ご自身で行うホームケアの方法を歯科衛生士にご相談されてみては如何でしょうか。


カテゴリー ブログ

クリーン診療(我孫子・柏 クレアデンタルクリニック)

2017-05-17

こんにちは!

受付の渡部です。

早速ですが、【クリーニング】って大事ですよね。

毎日の歯磨き、定期的な歯石取り。これを疎かにしていたら、

いくら良い治療をしてもダメになってしまいます。

なので、歯にはクリーニングがとっても大事なのです(≧◇≦)

そして、、、

今回は、医院をより良くする為のクリーニングを行いました!!

エアコン掃除です!!

エアコンの台数がかなりあるので、休診日に1日がかりで業者さんに頼んで行いました。

やはりプロは違います!

ミルミル汚れが落ちてドンドン綺麗になっていきます。

ガビやホコリが原因で体調を崩したり、アレルギーをおこしてしまう事もあるそうです。喉が痛い原因だったりもするそうです。

フィルター掃除くらいは出来ますが、このように奥の奥までは中々できません。

今回お願いした【クリーンクルー】さんは、ご家庭のエアコンもやってくださるそうです。お風呂場やお台所のお掃除もやっていただけるみたいです。価格はキャンペーンなどもやっているので良心的です。興味のある方はぜひホームページで確認してみてください。

これからもクレアは、快適で心地よい歯医者をめざして行きたいと思います(*^▽^*)

目指すは

【クリーン診療】!!

受付 渡部


カテゴリー ブログ

Newドクター 町田先生(‘ω’)【我孫子・柏 クレアデンタルクリニック】

2017-05-14

こんにちは、DAの山中です。

 

今日は、新しいドクターの紹介ブログになります!(´・ω・)!

 

 

「町田恵美 先生」です~!

 

町田先生はとっても丁寧な先生で、治療のときも

わかりやすく説明してくれます♪

 

 

顕微鏡をつかって治療してます♪

 

こちらはスタッフと一緒に~♪

(左にDA内山、右にDH一之瀬)

もうみんなとも仲良しです(・∀・)

 

エメラルドグリーンとイエローの服を

着ているので、見かけたらすぐわかると思います!

おしゃべりも好きなので、治療の説明だけじゃなく

治療の合間に色んなお話もしてくれます!

これを期に、町田先生とも仲良くなっちゃいましょー!!!笑

 

DA 山中

 

 


カテゴリー ブログ

知覚過敏について【柏・我孫子・クレアデンタルクリニック】

2017-05-08

「歯 しみる」の画像検索結果

こんにちは。千葉県我孫子市にあります、クレアデンタルクリニックあびこオフィスです。今回は知覚過敏の症状についてお話しします。

 

そもそも知覚過敏とは、歯の表面のエナメル質が薄くなり象牙質が表面に出てしまい、その奥にある神経に刺激を与えてしまうことを言います。その症状として、歯ブラシが当たるとキーンとした痛みが走ったり、また冷たいもので痛みが起こったりします。

 

知覚過敏とむし歯の痛みの違いは似ていると言われているので、一見分かりにくかったりもしますが、知覚過敏か否かを判断する場合まずは歯の状態を確認します。知覚過敏の場合、歯と歯茎の境目がくさび状に削れていることがあります。これをくさび状欠損というのですが、原因としては誤った歯磨きをされている方に多く見受けられます。これは長い間、強い力で歯磨きをしたことによって歯が削れた状態です。歯が削れているということは、硬いエナメル質が削れているということですから、その分エナメル質が薄くなってしまったか、もしくはその下の象牙質が出てしまった状態になっています。象牙質はエナメル質と比べると柔らかい組織で、しかも象牙細管と呼ばれている細い管がたくさん通っています。

 

先ほどお話しした通り、知覚過敏は冷たいモノや風が当たった時、歯ブラシが当たった時などに痛みが出ます。この痛みは人により様々ですが、すぐに納まることが多いです。また歯を叩いても痛みは感じません。我慢できるくらいの痛みでしたら、中々歯医者へ行こうとは思わないのですが、放っておくとむし歯になる恐れもありますし、神経そのものが痛んでしまうこともあります。「痛い」とか「しみる」というのをそのまま放置してしまうと、症状が悪化する恐れもあり治療にも時間が掛かることが考えられます。また、自己判断で知覚過敏だと思っていたらむし歯の場合があったりもします。歯のSOSサインを逃さずに、何か歯に異変を感じたら、もっと言うと歯が異変にさらされる前に、機会をみてしっかりと歯医者へ診てもらうことをお勧めします。


カテゴリー ブログ