アンニョンハセヨ②(我孫子・柏 クレアデンタルクリニック)

2016-12-27

こんにちは!助手の田中です!

タイトルの通り先日、先輩の大塚さんと衛生士の齊藤さんと三人で、韓国旅行に行った時の話をさせていただきます。(パート2です)

 

色んなハプニングがあったんですが、その中でも特にビックリしたことが、、、

なんと初日早々、夜中デパートでショッピングをしていたところ元巨人の宮本選手にお会いし、一緒に写真を撮って頂きました!!!!

 

 

みんないい笑顔(≧◇≦)

写真、握手も快く応じてくださいました!

最後は帰りの心配までしていただき、本当に感激でした!

ズームインはいつも見ていて、とても明るく楽しい方だなと思っていたんですが、ますますファンになりました♪

 

 

そして最近、仕事でとても嬉しい出来事がありました。

それは、長期間の治療を先日終えた方で

「口腔内をしっかり治療したおかげで気持ち良くホノルルマラソンを完走することが出来た」

と、メダルを持っていらっしゃいました!

松永先生とパシャリ!

とても興奮された様子で、なんだかこちらまで嬉しくなりました(*^▽^*)

*ご本人のご要望で、顔と名前は控えさせていただきます。

 

改めて、この仕事に携われている素晴らしさと、ありがたさを感じる出来事でした!

 

これからも皆さんの口腔内を良くしていくために益々精進していきたいと思いますので、宜しくお願い致します。

DA 田中 涼子


カテゴリー ブログ

歯と神経を取り除くメリットとデメリット【柏・我孫子・クレアデンタルクリニック】

2016-12-19

「歯医者 フリー画像」の画像検索結果

こんにちは。千葉県我孫子市にあります、クレアデンタルクリニックあびこオフィスです。今回は歯の神経を取り除くメリットとデメリットについてお話ししたいと思います。

歯の中にはいわゆる神経というものがあります。これは一般的には神経と呼ばれますが、正確には「歯髄(しずい)」と言います。歯の神経の役割は、むし歯などの細菌に攻撃される事や、間違った歯磨きなどで歯がすり減っていく事で、歯の中にある神経が刺激を感じさせ注意を促してくれることにあります。これは歯がダメージを受けたことを歯髄の中の神経が感じているという事です。この時、歯髄の中にいる免疫の働きをする細胞が歯を守ろうとします。その働きによって、例えば歯髄が入っている部分と歯の硬い部分の間の壁にあたる部分に、歯髄は硬い部分を作ります。具体的には歯髄は刺激を受けている弱った壁に、硬い部分をペタペタと付け足していく事で歯髄を守るという働きを促進させる可能性があると言われています。

残念なことに歯髄に細菌が住み着き、炎症を引き起こしている場合などにはいわゆる神経を抜く治療、正確には「抜髄(ばつずい)」を行わなければなりません。抜髄とは歯髄を全て取り除く治療です。抜髄をすることで、入院までつながる可能性がある炎症を最小限に収めることができます。言い換えると身体全体にダメージを受ける前に、歯髄という小さい範囲の治療を行う事でそれを食い止めることができるという事です。しかしながら多くの治療にデメリットがあるように、抜髄を行って神経を抜いた場合にもデメリットはあります。

神経を抜いた歯は長持ちしないというイメージを持っている方も少なくないと思いますが、確かに歯の丈夫さは損なわれます。抜髄をしても10年間でほぼ90%の歯が口の中でかむ働きをしていると言われていますが、歯自体は脆くなります。つまり歯が欠ける事や割れてしまう事が起こる可能性が高くなるという事です。このように歯の中には神経が入っていて、そこに虫歯などでダメージを受けると、大掛かりな治療につながります。何か違和感がある場合は早急に歯科医院を受診して、できる限り身体を自然な状態に保つことで、口の中の健康を維持されて欲しいものです。


カテゴリー ブログ

入れ歯の種類とそれぞれのメリット・デメリットについて【柏・我孫子・クレアデンタルクリニック】

2016-12-13

「入れ歯 フリー」の画像検索結果

こんにちは。千葉県我孫子市にあります、クレアデンタルクリニックあびこオフィスです。今回は入れ歯の種類とそれぞれのメリット・デメリットについてお話ししたいと思います。

皆さんは入れ歯というとどんなイメージでしょうか。口の中をまるごと再現したようなものを想像する方も多いでしょうが、実は入れ歯にはいくつか種類も豊富にあります。今回はそんな入れ歯の種類について詳しくお伝えさせて頂きます。

一部の失った歯を補う入れ歯のことを部分入れ歯といいます。両側の歯が残っている場合には、金属の留め具を引っかけて歯を固定します。留め具で歯を固定できることから、総入れ歯と比べて動きにくくモノもしっかり咬めることから使いやすいです。また、歯が1本も残っていない状態の方が使用する入れ歯が総入れ歯です。金属の留め具などで固定することができないことから、お口の中の粘膜に吸着させて入れ歯を固定させます。

続いてノンクラスプデンチャーのご紹介です。ノンクラスプデンチャーとは、入れ歯を固定する金属の留め具の代わりに、樹脂製のアームを使用するタイプの入れ歯です。自由診療の入れ歯になりますが、保険の入れ歯とは違って留め具がピンク色になるため、笑った時やお口を開けた際に目立ちにくくなります。特に留め具が前歯に近いところにある方にはお勧めの入れ歯です。使用している素材も柔らかいものから硬いものまで様々な種類があるため、目的や好みによって使い分けることができます。

続いて金属床のご紹介です。金属床とは入れ歯の粘膜と触れ合う部分の一部に金属を使用した自由診療の入れ歯です。保険のプラスチックの入れ歯と比べて薄くすることができるため、お口の中に入れ歯際に違和感が少なくなります。また、金属が中心に入っていることから、強度も高くなり割れにくくなります。更には、使用するプラスチックの樹脂も保険のものとは異なるためフィットしやすくなります。使用する金属の素材にも種類があり、一般的なコバルトから、体に優しいチタン製のものまで目的や予算に応じて選択することができます。

その他にも、入れ歯の取り外しが楽で着脱がし易いマグネット義歯や、マグネット義歯よりもしっかりと固定できる特徴があるアタッチメント義歯、更にはインプラント義歯などもあります。入れ歯にお困りの方は、先ずは是非お気軽にご相談下さい。


カテゴリー ブログ

京都旅行に行きました♪(我孫子・柏 クレアデンタルクリニック)

2016-12-13

 

 

こんにちは!歯科衛生士の佐々木です☺

 

今日は9月に同期3人で京都旅行に行った時の事を載せちゃいます♪

1日目は嵐山散策をして、

2日目は台風の中、金閣寺に行きました(笑)

着いて早々、抹茶を飲みながら雨宿り

三日目は伏見稲荷大社に行きました

 

充実した二泊三日で楽しかったです(#^^#)

プライベートでもとても仲の良い3人ですが、

仕事では切磋琢磨してより一層成長していきたいと思います

歯科衛生士 佐々木


カテゴリー ブログ

川音先生(*^▽^*)(我孫子・柏 クレアデンタルクリニック)

2016-12-05

皆様、こんにちは!

受付の渡部です(*^▽^*)

最近は、雪が降ったかと思えば翌週は晴天で、、、

気温が上がったり下がったりと体が追い付かず体調を崩しやすいですよね。

院内の温度調節も難しく困っていました。そんな時、、、

〇マゾンで素敵な時計を見つけました!!

患者様の中には、早くも気づいていただけて

「素敵な時計ね~」とお褒めのお言葉をいただきました。

ありがとうございます!

この時計、デザイン性だけでなく温度・湿度が表記されるんです!その分、電気代がかかるので家では使えませんが、、、(笑)

受付にて確認できますので、ご来院されたらぜひ!!

 

さて、本題に入ります。(本題前、長くてすみません)

先日、親愛なる川音先生が白井に開院されました!

img_3617随所に川音先生のこだわりが見え、患者様・スタッフに優しい川音先生のお人柄がわかるそんな素敵な医院でした。

当院が開業してから、月1いらしていただいた時もありました。最近は週3日いらしていただき患者様はもちろんスタッフにも色々と教えていただきました。

img_3630

いつも穏やかで、余裕もあり、いつも冷静な判断をされ本当に尊敬できる先生です。

今後は、一緒にクレアで働くことは難しいですが、ともに医院向上を目指し勉強会やスタッフの交流を大切に良い関係を築けていけたら幸いです。

img_3651川音先生、スタッフのみなさん

これからも宜しくお願い致します。

尚、かわおと医院の診療時間は外記のとおりです。

ご参考までに

img_3622

受付 渡部


カテゴリー ブログ